主要メンバー

HOME > 主要メンバー > 坂本 正明

坂本 正明

日本の大手・中堅企業トップが抱える経営課題に対し、「戦略」と「人材」の側面から解決支援に長く携わる。経営幹部及び社外取締役の招聘、経営幹部のアセスメントやリーダーシップ開発が専門。専門分野で培った知見を基に取締役会評価、指名委員会活動支援にも従事するなど豊富なアドバイザリーを提供。

1991年ベイン・アンド・カンパニー入社。日本だけでなくアメリカ、メキシコ及び韓国の各オフィスで戦略コンサルティングに従事。1998年よりアクセンチュアにて、クライアントワークの枠に留まらず、自社の事業開発やベンチャーキャピタル活動にも参画。2004年、産業再生機構での大手企業のターンアラウンド実務を経験した後、2005年コーン・フェリー・インターナショナルにクライアントパートナーとして入社。グローバル企業の幹部人材の評価、招聘を数多く実施。2012年からリクルートエグゼクティブエージェントにて、様々な規模の日本企業が抱える経営課題に対して人材登用を通じて解決を支援。

1991年 東京大学法学部卒業

1998年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)経営学修士(MBA)