Team

主要メンバー

多様な経験と実績を有する
チームメンバー

顧客第一を追求するプロフェッショナルとして、
ガバナンス、経営人材、経営戦略の領域で経験を積んだコンサルタントが、
核となる経営・企業統治課題への対応を支援します。

佃 秀昭

Hideaki Tsukuda

日本企業の取締役会と経営者をクライアントに、企業統治改革と経営改革を通じて企業価値向上を支援。取締役会実効性評価、指名委員会の機能強化、社長後継者計画、経営人材の評価・育成(コーチング・経営塾)、社外取締役招聘、企業価値向上の実行支援等に従事。Read More
1986年三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。国内営業店、国際部門、人事部に所属。1999年よりマクラガン・パートナーズにて人事コンサルティングに従事したのち、2000年から2019年1月までスイス本社のエゴンゼンダーにて、日本法人社長、グローバル経営会議メンバーを歴任。2018年9月から12月まで産業革新投資機構専務取締役COOを兼任。

2019年3月株式会社 企業統治推進機構(現 株式会社ボードアドバイザーズ)の事業開始。

株式会社カチタス独立社外取締役。金融審議会「市場ワーキング・グループ」委員、経済産業省「事業再編研究会」委員を歴任。金融庁・東京証券取引所「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」および金融庁「スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会」メンバー(現任)。

1986年 東京大学法学部卒業
1991年 マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院(MS)経営学修士取得

CONTACT

福澤 親

Chikashi Fukuzawa

管理本部長として、当社の財務・経理・人事・総務・法務等、管理部門を担当。Read More
1991年三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。国内営業店を経て、本社国際部門、ニューヨーク支店にて主計・税務業務に従事。2004年日産自動車に入社。2022年まで同社の本社経理部、財務部、グローバル販売金融部勤務の他、3度海外駐在し(フランス・中国・インド)うち2つの海外現地法人でCFOを務めた。2022年5月入社。

1991年 一橋大学法学部卒業
1999年 米国ペース大学ルービンビジネススクール会計学修士取得

米国公認会計士試験合格(デラウエア州)

CONTACT

安田 結子

Yuko Yasuda

製造業・テクノロジー・サービス業等幅広い業界を対象に活動。日本企業の取締役会と経営者に対し取締役会評価、指名委員会活動支援、CEO後継者育成計画支援、経営層のリーダーシップ開発、社外取締役招聘、CEO・CFOをはじめとする経営幹部の招聘等に従事。Read More
1985年、日本IBMに入社、システム・エンジニアとして情報システム部に所属。1991年よりブーズ・アレン・ハミルトン(現PwC Strategy&)にて主にテクノロジー・セクターのクライアントプロジェクトに従事。1993年にラッセル・レイノルズへの入社後、テクノロジー・セクターにおけるアジアパシフィックの責任者、日本支社長、本社エグゼクティブコミッティーメンバーを歴任。2020年7月に当社に参画。

SCSK、昭和シェル、出光興産、村田製作所(現任)、日本水産(現任)等の社外取締役に就任。社団法人経済同友会幹事。

1985年  一橋大学社会学部卒業
1991年  カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)経営学修士(MBA)

CONTACT

東 光伸

Mitsunobu Higashi

経営幹部の人材評価、リーダーシップ開発、取締役会評価、経営幹部・社外取締役の招聘支援等に豊富な経験。日本企業の経営陣として経営戦略・財務戦略・人事戦略等を主導し、インベスター・リレーション、危機管理広報、法務の領域においても実務を担った自身の幅広い経験を踏まえてアドバイザリーを提供。Read More
1993年、三和銀行(現 三菱UFJ銀行)に入行。国内営業店、法務室、IR室に所属。2005年より、ギャビン・アンダーソン(現 クレアブ)にてマネージング・ディレクターに就任、メディア・リレーションおよびIR、M&A、事業再構築、危機管理 (事故、法令違反、訴訟)等、企業広報全般のアドバイザリー・サービスを統括。2007年から、セガの社長室長、上席執行役員コーポレート本部長として、経営企画、財務、経理、HR、法務、広報、IT部門等を統括し、同社の事業再構築と経営基盤強化に尽力。その後、2013年よりラッセル・レイノルズ・アソシエイツにおいて、幅広い業界に跨る日系・外資系企業のクライアントに対して、経営幹部の招聘支援、人材評価・育成、取締役会評価等のサービスを提供。2019年11月に当社に参画。

1993年 京都大学法学部卒業
1999年 ニューヨーク大学ロースクールLL.M(法学修士)およびM.C.J.(比較法学修士)取得
米国ニューヨーク州弁護士

CONTACT

坂本 正明

Masaaki Sakamoto

日本の大手・中堅企業トップが抱える経営課題に対し、「戦略」と「人材」の側面から解決支援に長く携わる。経営幹部及び社外取締役の招聘、経営幹部のアセスメントやリーダーシップ開発が専門。専門分野で培った知見を基に取締役会評価、指名委員会活動支援にも従事するなど豊富なアドバイザリーを提供。Read More
1991年ベイン・アンド・カンパニー入社。日本だけでなくアメリカ、メキシコ及び韓国の各オフィスで戦略コンサルティングに従事。1998年よりアクセンチュアにて、クライアントワークの枠に留まらず、自社の事業開発やベンチャーキャピタル活動にも参画。2004年、産業再生機構での大手企業のターンアラウンド実務を経験した後、2005年コーン・フェリー・インターナショナルにクライアントパートナーとして入社。グローバル企業の幹部人材の評価、招聘を数多く実施。2012年からリクルートエグゼクティブエージェントにて、様々な規模の日本企業が抱える経営課題に対して人材登用を通じて解決を支援。

1991年 東京大学法学部卒業
1998年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)経営学修士(MBA)

CONTACT

野口 智弘

Tomohiro Noguchi

日本企業の戦略と組織能力の構築支援に、一貫して金融領域から従事。シナリオ分析や事業ポートフォリオ戦略、全社トランスフォーメーションの実行や、IR高度化における実践的な経験を踏まえ、取締役会評価や経営幹部アセスメントを軸に、コーチングを通じたリーダーシップ開発に取り組む。Read More
2001年日本銀行入行。国内のみならず、ニューヨーク事務所での勤務も通じ、金融市場やマクロ経済の分析、日本企業を取り巻く構造的な環境変化についてのリサーチに従事。2013年にボストン・コンサルティング・グループに入社後は、金融機関・保険会社のクライアントを中心に、グループ戦略策定や、海外進出・デジタル活用・店舗オペレーション改革等の事業戦略実行支援、ガバナンスやカルチャー改革といった幅広い経営トップアジェンダでコンサルティング業務に従事。また、プリンシパルとして、社内の人材開発にも深く関与し、コーチングや研修等を多数実践(2018年ベストコーチ受賞)。

2001年 東京大学法学部卒業
2005年 ウォーリック大学経済学部修士(英国チーヴニング奨学金授与)

CONTACT

古川 陽一郎

Yoichiro Furukawa

商社、不動産・建設、運輸・観光、地方銀行を主なクライアントとして、取締役会実効性評価、社長後継者計画、独立社外取締役招聘に携わる。Read More
2009年、三菱商事入社。プロジェクトマネージャーとして首都圏最大級の複合都市開発事業の組成からEXITまでを経験したのち、フィリピン・ミャンマーへの研修生派遣を経て、北米不動産の開発・投資、子会社の経営モニタリング等に従事。2016年より、地域経済活性化支援機構にて、観光・地域商社分野のファンド投資とハンズオン支援に携わり、投資先の資本統合、ガバナンス再構築、後継者育成・経営承継に注力。ディレクターとして全国の「観光地域づくり法人」支援、大企業連携や地方経営人材の調達支援等を管掌。高知県物部川地域では「株式会社ものべみらい」の初代代表取締役社長に就任し、複数企業の社長・会長・取締役等を歴任。2022年4月、当社に参画。

2009年 京都大学工学部卒業

CONTACT

上谷 博志

Hiroshi Kamitani

製造業・IT・商社等の日本企業をクライアントに、取締役会評価、次期社長の選抜・育成、経営層のリーダーシップ開発、経営幹部向け研修、社外取締役・経営幹部の招聘支援などに従事。Read More
2010年、住友電気工業株式会社に入社後、エンジニアとして、電気自動車のバッテリー部品の生産技術開発や自動車用高速通信ハーネスの製品設計開発に従事。自動車用高速通信ハーネス初の東南アジア工場の立ち上げも経験。2017年より、株式会社ドリームインキュベータにて、製造業・IT・金融・商社等の幅広い分野のクライアントに対し、成長戦略策定、新規事業創出、マーケティング戦略策定等を支援。官公庁との連携を通じた産業構想の立案にも従事。2019年11月に当社に参画。

2010年 早稲田大学理工学部物質開発工学科卒業

CONTACT

藤澤 朗光

Akimitsu Fujisawa

企業価値向上策の策定、取締役会実効性評価、社外取締役招聘支援、アクティビスト対応、敵対的買収に関する助言(買収及び防衛)、委任状争奪戦に関する助言、IR・SR支援、社長後継者計画、経営幹部育成などに従事。Read More
2012年、SMBC日興証券株式会社に入社。国内営業店にて個人・事業法人の新規開拓営業に従事。2016年に株式会社アイ・アールジャパン入社。「徹底的にクライアントに寄り添う」をテーマに、企業規模・セクターを問わず、機関投資家視点で、企業価値向上策の策定、アクティビスト対応、取締役会実効性評価、社外取締役招聘支援、敵対的買収に関する助言(買収及び防衛)、委任状争奪戦に関する助言、株主総会に於ける議決権行使予測、IR・SR支援、コーポレートガバナンス関連業務に従事。2022年5月に当社入社。

プライベートでは慶應義塾大学水泳部競泳部門理事および慶應義塾高等学校水泳部競泳部門の監督を務める。

2012年、慶應義塾大学総合政策学部卒業。

CONTACT

セブラニ・クレビス

Klevis Sevrani

取締役会の実効性評価、CEOのサクセッション・プランニング、社外取締役の招聘、経営人材の評価に加え、経済安全保障の高度化にともなう監督機能と組織体制・幹部人材の強化等、最新の国際動向と取締役会・経営者目線を踏まえた企業統治アドバイザリーに従事。Read More
2014年、広報コンサルティング会社エイレックス入社。日系企業および外資系プロフェッショナル・ファーム等のコミュニケーション戦略策定、メディア・リレーションズ、危機管理広報等に携わる。2015年、エゴンゼンダー(東京オフィス)入社。企業統治アドバイザリー・グループのコアメンバーとして、日本企業の取締役会の実効性評価、機関設計変更支援、CEO含む経営幹部人材の評価とサクセッション・プランニングに加え、企業統治に関わる各種調査・情報発信にも従事。2021年、ボードアドバイザーズ入社。

主な著作に、「経済安全保障の動向と日本企業の取締役会に求められる戦略的対応」旬刊商事法務No.2275(2021年10月5・15日号:96~104項)。

宮城県出身。仙台第一高等学校卒業後、東北大学法学部進学(2014年卒業)。2021年、ウィーン外交アカデミーより高等国際学修士(M.A.I.S)取得。

CONTACT

大串 雄朗

Katsuro Ogushi

製造業・金融機関を中心とした日本企業の経営幹部の人材評価、社外取締役の招聘や指名委員会支援に従事。日本企業の企業統治の実態にかかわる調査や海外の事例・規制動向等の分析も実施。Read More
2017年、武田薬品工業株式会社に入社。同社グローバルITにて、PMIフェーズにおける各種ITインフラ統合プロジェクトに従事したほか、IT統制監査(J-SOX)にも従事。2019年7月、当社に参画。

2015年 京都大学法学部卒業
2017年 大阪大学大学院法学研究科修士課程修了

CONTACT

村上 智美

Tomomi Murakami

日本の幅広い企業に対して、ESGの観点から取締役会実効性評価、経営幹部向け研修、開示アドバイザリー等に従事。Read More
1990年、富士総合研究所(後みずほ情報総研、現みずほリサーチ&テクノロジーズ)入社。以来、企業の環境・CSR・ESG経営の発展の過程を、企業サイド・政策サイドの両側面から長期にわたり支援。投資家目線・ステークホルダー目線を踏まえてESG経営課題を分析し、ESG対応戦略・長期環境ビジョン策定、ESG情報開示の高度化(含むTCFD開示)、シナリオ分析、マネジメントスキーム改革、社内教育等の幅広い企業コンサルティングとともに、その推進に係る政策策定支援にも従事。2021年6月にボードアドバイザーズに参画。

2021年3月まで環境省環境コミュニケーション大賞選考ワーキンググループ副座長を務めたほか、全日本印刷工業組合連合会CSR認定委員を現任

1990年 筑波大学第一学群自然学類地球科学専攻卒業

CONTACT